モンキー・ゴリラ整備日誌

「五十にして天命を知る」
モンキー・ゴリラを弄って楽しんでいます
HOME カラー変更   INDEX表示     RSS   管理用 238930
profile


性別:男
趣味:モンキー弄り 
  • コンテンツ
    プロローグ :きっかけは……
    50にして… :たかが趣味です
  • ブログ内検索

    AND OR
  • カレンダー
    <<  2013年06月  >>
    Su Mo Tu We Th Fr Sa
                1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30            
  • 画像一覧
  • 分類一覧
      └復活編 (5)
      └組立て編 (9)
    ■Z50Z (2)
      └メンテナンス (1)
      └ミニミニ水槽 (16)
    [ 全記事一覧(250) ]
  • 書庫 2013年
    2013年12月 (5)
    2013年11月 (2)
    2013年10月 (6)
    2013年09月 (3)
    2013年08月 (5)
    2013年07月 (1)
    2013年06月 (4)
    2013年05月 (6)
    2013年04月 (6)
    2013年03月 (5)
    2013年02月 (3)
    2013年01月 (1)

    2020
    2019
    2018
    2017
    2016
    2015
    2014
    2012
    2011
    2010
  • 最新の記事
    CD90 1次減速比変更(3)
    (2013/06/02 16:18)
  • 最新のコメント
    モンクレール コ...
    (vogcopy.net 2023/09/28 17:14)
    Re:重いクラッチ
    (どんぶり... 2015/09/23 17:27)
    Re:重いクラッチ
    (管理人 2015/09/22 15:41)
    Re:重いクラッチ
    (どんぶり... 2015/09/21 21:06)
    Re:重いクラッチ
    (管理人 2015/09/19 22:51)
    Re:重いクラッチ
    (どんぶり... 2015/09/19 16:20)
  • 最新のトラックバック
    twitter plugin wordpress
    (2014/05/26 22:32)
  • ブックマーク
    usamimi.info :ホームページスペースをお借りしています。
  • CD90 1次減速比変更(3)  ■モンキー / CD90エンジン編
    2013年06月02日(2) 16:18 (SUN)


    今まで付いていた純正のスプリングを計ってみました。
    ホンダのサービスマニュアルでは標準27.3mm、25.3mm以下で交換と書いてありますが、25.9mmになっていました。
    滑り気味だったのはスプリングのせいかもしれませんね。

    写真はピンボケです (>_<) ↓

       

    クラッチプレートはそれほど減ってないんですがね。 ↓ 

      

    スプリングは常に圧縮状態にあるのに比べ、プレートは走らないと磨り減らないからでしょうか。
    つまり、古くてもそれほど距離は走ってないのかも。



    予報では雨模様だったのですが、降りそうな気配も見えなかったので急遽作業を完成させ、早速試運転。
    慣らし運転なので急発進は避けましたが、なかなかいい感じです。

    ただ、モンキーの時のような劇的な変化はありません。

    1次減速比変更(1)で書いたように数字的にはCD90の変速比は中間ですからね。

     ↓ 完成後の写真ですが、当然の事ながら外見上の変化はありません。

      

    ただ、慌てて作業したせいかフロントフェンダーを付け忘れています。
    乗っているときには気づかずに、家に帰ってから部屋にフェンダーがある事でようやく気づきました。(汗)

    乗っているとライトの陰になって見えませんからね。といい訳しておきます(笑)
    [前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|


    Copyright:(C)2008 Web_Diary by, My Remodel CGI