モンキー・ゴリラ整備日誌

「五十にして天命を知る」
モンキー・ゴリラを弄って楽しんでいます
HOME カラー変更   ブログ風表示     RSS   管理用 238930
DAX70ヘッド(その後1)  ■ゴリラ / 改造・メンテナンス編
2011年10月09日 16:51 (SUN)


DAX70ヘッド(3)

上記の記事でエンジンストールが起こると書きました。
再現出来たり出来なかったり……

ところが、5分か10分坂道を全開近くで走ったらすんなり再現できました。(浄水場の坂&環2)
で、エンジンの様子を見ると、ブリザーパイプから蒸気のような白煙が出ているじゃありませんか。
オイルが沸騰、つまりオーバーヒートかと。

さて、ここで冷静になって原因を推理してみましょう。
 
やっぱり6vエンジンで88ccは無理なのか?
75ccでは何ともなくて88ccでこんなに簡単にオーバーヒートするものなのか?
真夏の気候ではなく、上着を着ても寒い日です。
じゃ、何が違う?
オイル――OK
プラグ――OK
キャブ――たぶんOK

圧縮比率? 
そういえばシリンダーヘッドガスケットがメタルで、暑さ0.2mmしかない。
その為に異常に高圧縮???

カムチェーンとカムギアがすんなりはまった事もこれで納得がいきます。

じゃ、普通のペーパーガスケットに変更したら?
ということで、52mmの腰上ガスケットセットを購入。
75ccに戻す事も考え、念の為に47mmも購入。

  

88ccに付いてきたメタルガスケットとはこんなに厚さが違います。

  

12vモンキー純正のメタル合わせガスケットと比べてもこんなに違います。

  

そういえば、虎の巻にもありました。
旧シリンダーは高さ62.6mmでペーパーガスケット。
新シリンダーは高さ63.4mmでメタルガスケット。
NHRC社のシリンダーは高さが63.0mmでした。
ちょうど中間ですね。

  

ついでに液体ガスケットも購入。
パッキンの固定に便利なんです。
ただ、これって一度封を開けると長持ちしないから困るんです。
こんなに使わないし。

  

材料が揃ったところでパッキンの入れ替えです。
シリンダー下部のガスケットは今までのガスケットの方が厚みがあります。
これも今回買った物と入れ替えると、ヘッドのガスケットも含めたトータルの厚さでは変わらない事になります。

さて、どうしましょ?
暫し考えた末、厚い方をチョイス。
と思ったけど、今度はカムチェーンとカムギアがきつくてはまりません。
以前、これで大失敗をしているので素直に薄いガスケットに交換。

再度、再現テストです

むむむ。
やっぱりダメですな~
一番最初のメタルガスケットよりも早くオーバーヒートしました(>_<)
[前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|


この記事にコメントする(ただし10件を超えると受理できません)
お名前 ※必須

タイトル

メールアドレス

URL

コメント ※必須

削除キー
     

認証コード ※必須
右画像の数字を入力してください 投稿キー


コンテンツ
  • プロローグ :きっかけは……
  • 50にして… :たかが趣味です
  • 最新の記事一覧
    画像一覧
    全記事一覧(250)
    分類INDEX
    ■戯言・折々の雑感 (30)
    ■ゴリラ (1)
      └復活編 (5)
      └改造・メンテナンス編 (27)
      └12vEへ&メンテ編 (44)
    ■モンキー (1)
      └組立て編 (9)
      └12vEへ&改造・メンテ編 (30)
      └CD90エンジン編 (21)
      └メンテナンス編 (7)
    ■Z50Z (2)
    ■備忘録、技術系、製品レビュー・失敗等 (45)
      └メンテナンス (1)
    ■番外編 (1)
      └ソーラー発電ろ過装置 (8)
      └BMW・323i (1)
      └ミニミニ水槽 (16)
    未分類(1)
  • ブログ内検索

    AND OR
  • 最新の記事
    DAX70ヘッド(その後1) (2011/10/09 16:51)
    ブックマーク
  • usamimi.info :ホームページスペースをお借りしています。
  • Copyright:(C)2008 Web_Diary by, My Remodel CGI