モンキー・ゴリラ整備日誌

「五十にして天命を知る」
モンキー・ゴリラを弄って楽しんでいます
HOME カラー変更   INDEX表示     RSS   管理用 240135
profile


性別:男
趣味:モンキー弄り 
  • ブログ内検索

    AND OR
  • カレンダー
    <<  2012年07月  >>
    Su Mo Tu We Th Fr Sa
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31        
  • 画像一覧
  • 分類一覧
      └復活編 (5)
      └組立て編 (9)
    ■Z50Z (2)
      └メンテナンス (1)
      └ミニミニ水槽 (16)
    [ 全記事一覧(250) ]
  • 書庫 2012年
    2012年12月 (5)
    2012年11月 (1)
    2012年10月 (6)
    2012年08月 (5)
    2012年07月 (7)
    2012年06月 (5)
    2012年05月 (4)
    2012年04月 (6)
    2012年03月 (3)
    2012年02月 (3)
    2012年01月 (2)

    2020
    2019
    2018
    2017
    2016
    2015
    2014
    2013
    2011
    2010
  • 最新の記事
    抜けないシリンダースタッドボルト
    (2012/07/01 21:11)
  • 最新のコメント
    モンクレール コ...
    (vogcopy.net 2023/09/28 17:14)
    Re:重いクラッチ
    (どんぶり... 2015/09/23 17:27)
    Re:重いクラッチ
    (管理人 2015/09/22 15:41)
    Re:重いクラッチ
    (どんぶり... 2015/09/21 21:06)
    Re:重いクラッチ
    (管理人 2015/09/19 22:51)
    Re:重いクラッチ
    (どんぶり... 2015/09/19 16:20)
  • 最新のトラックバック
    twitter plugin wordpress
    (2014/05/26 22:32)
  • ブックマーク
    usamimi.info :ホームページスペースをお借りしています。
  • コンテンツ
    プロローグ :きっかけは……
    50にして… :たかが趣味です
  • 抜けないシリンダースタッドボルト   ■備忘録、技術系、製品レビュー・失敗等
    2012年07月01日 21:11 (SUN)


    なかなか抜けないシリンダースタッドボルト。

      

    最初はダブルナットで普通に回そうとするのですが、その内にナットのねじ山が潰れそうになってナットを外すのもきつくなったりして。
    次に、ヒートガンやストーブでケースを暖めて抜こうとするのですが、それでも回らない時は最後の手段という事で力業(ちからわざ)。

    スタッドボルトを曲げて外すので再利用は出来なくなりますが、どうしても外さなければならない時の技を紹介します。


    このボルトは焼きが入っているのでそう簡単には曲がりません。
    万力で固定して ↓ 

      

    ぐぐぐと力を入れて 

      

    このくらい曲がれば完璧です。

      

    あとは手で回せば簡単にパキッと音がして外れます。

      

    あまり無理をするとケース側のメスネジが剥がれる恐れもありますが、今までに2回ほどこのやり方でスタッドボルトを外した結果、2回ともケースに異常はありません。
    [前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|


    Copyright:(C)2008 Web_Diary by, My Remodel CGI