モンキー・ゴリラ整備日誌

「五十にして天命を知る」
モンキー・ゴリラを弄って楽しんでいます
HOME カラー変更   INDEX表示     RSS   管理用 240337
profile


性別:男
趣味:モンキー弄り 
  • ブログ内検索

    AND OR
  • カレンダー
    <<  2010年11月  >>
    Su Mo Tu We Th Fr Sa
      1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30        
  • 画像一覧
  • 分類一覧
      └復活編 (5)
      └組立て編 (9)
    ■Z50Z (2)
      └メンテナンス (1)
      └ミニミニ水槽 (16)
    [ 全記事一覧(250) ]
  • 書庫 2010年
    2010年12月 (2)
    2010年11月 (4)
    2010年09月 (4)
    2010年08月 (3)
    2010年07月 (5)
    2010年06月 (6)
    2010年05月 (5)
    2010年04月 (4)

    2020
    2019
    2018
    2017
    2016
    2015
    2014
    2013
    2012
    2011
  • 最新の記事
    12Vエンジン(2)
    (2010/11/13 12:06)
  • 最新のコメント
    モンクレール コ...
    (vogcopy.net 2023/09/28 17:14)
    Re:重いクラッチ
    (どんぶり... 2015/09/23 17:27)
    Re:重いクラッチ
    (管理人 2015/09/22 15:41)
    Re:重いクラッチ
    (どんぶり... 2015/09/21 21:06)
    Re:重いクラッチ
    (管理人 2015/09/19 22:51)
    Re:重いクラッチ
    (どんぶり... 2015/09/19 16:20)
  • 最新のトラックバック
    twitter plugin wordpress
    (2014/05/26 22:32)
  • ブックマーク
    usamimi.info :ホームページスペースをお借りしています。
  • コンテンツ
    プロローグ :きっかけは……
    50にして… :たかが趣味です
  • 12Vエンジン(2)  ■モンキー / 12vEへ&改造・メンテ編
    2010年11月13日 12:06 (SAT)



    有名なモンキーサイトには必ずと言っていいほど、ジェネレーターカバーボルトによるクランクケース貫通の注意書きがあります。
    パーツリストの間違いに注意を促すサイトもあります。

    しかし、ケースを貫通するほど強くボルトを締めこむものでしょうか?
    まあ実際に目の前にそのケースがあるんだから、そんな 馬鹿 が存在するんでしょうな~。
    愚かなヤツだ・・・。

    という訳で、傷物になったエンジンには罪は無い。

    何とかこのエンジンを復活させてやろうじゃありませんか。
    早速エンジンの中を覗いて見ることに。
    パッキンが剥がれ難いし、分解歴は無いようです。

    見事に穴が開いています。
    そして破片もケースの底に。

      

      

    さて、どうしましょ。
    裏から溶接? 
    自分じゃ出来ないからそれはパス。
    クランクケースだけ別のものに取り替える方法もあるけど、それは今後の課題と言うことで・・・

    下の画像はホーローセットです。

      

      

    機械部品等の固定・位置決めに使用される止めねじで、いろいろな先端の形状がありますが、六角穴付きが一番ポピュラーな形です

    こいつを押し込めばオイルも漏れないんじゃないか? ということで早速実行。


    ホーローセットをねじ込んだ写真は撮れませんでしたが、オイル漏れは今の所止まっています。




    [前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|


    Copyright:(C)2008 Web_Diary by, My Remodel CGI