モンキー・ゴリラ整備日誌

「五十にして天命を知る」
モンキー・ゴリラを弄って楽しんでいます
HOME カラー変更   ブログ風表示     RSS   管理用 240159
意外と早かった稚エビ発見  ■番外編 / ミニミニ水槽
2017年05月01日 15:31 (MON)


最後まで生き残った親エビが抱卵しているのを発見したのが4/18。

で、2~3日前に稚エビを発見。

一度目が孵化するまでに約3週間かかっていたので意外と早かった、
というか、産卵に気づかなかったのかも……。
もう1匹抱卵している個体も見つけましたが、いつから抱卵していたのか気づいていないし……。

 

それにしてもいつものことながら小さすぎてなかなかピントが合いません。
[前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|Pagetop

最後の親エビの産卵  ■番外編 / ミニミニ水槽
2017年04月18日 17:47 (TUE)


4月18日現在稚エビの数 8匹 (たぶん)
親エビの数 1匹

10日前に稚エビの成長具合をレポートしたばかりですが、
今日、最後まで生き残った親エビが抱卵しているのを発見。



ムムム、オス親は誰なんだ? 
そもそもエビってどうやって受精させるんだろう? 
哺乳類のように交尾かな?
それとも、魚のようにメスが産卵した卵にオスが精子をふりかけるのか?

魚と一緒なら無精卵の可能性大だし、交尾したのなら、まだ大きさが半分くらいの若いツバメといたした事になるな……。

どっちなんだろう???
[前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|Pagetop

稚エビの現況 2  ■番外編 / ミニミニ水槽
2017年04月08日 22:44 (SAT)


前回の記事から2か月弱。 
稚エビもだいぶ大きくなりました。

4月8日現在稚エビの数 7匹 (4/9訂正 8匹)
親エビの数 1匹

一時は3匹か4匹が抱卵していたのですからもう少し多くのエビが育つのかと思っていましたが、意外と少ないです。
 
親は人口の餌を食べていますが、子供は水草や砂利の藻を食べていると思われ、
やはりこのミニミニ水槽では自然発生する藻も少なく、
このくらいの数を維持するのが精いっぱいなのかもしれません。


   ↓ 1匹だけ残った親との比較

  


   ↓ 同じく親との比較画像 右側に稚エビが3匹いますがピンボケです(>_<)

  
[前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|Pagetop

稚エビの現況  ■番外編 / ミニミニ水槽
2017年02月15日 18:20 (WED)


最初に稚エビを発見したのが1月の22日なので約3週間が経過したことになります。

まだまだ小さいことには変わらず、なかなかピントが合いません。

  


最初と比べるとかなり大きくなったのかな?

何しろ老眼の入った肉眼ではゴミと区別出来なかったくらいなので。

でも、成エビと比べるとやっぱり小さいな~




数は、数えきれないのですが(底面の砂利が保護色なので)、水草の上とかでパッと見10匹はすぐに見つかるので、流木の反対側とかを考慮するとその倍くらいは確実かな。

ちなみに親(成エビ)は現在4匹となってしまいました。

原因は判りませんが、産卵して稚エビになって3週間も生きているんだから水質が悪いとかではないと思います。 水替えも(毎日コップ一杯)欠かしていないし。

[前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|Pagetop

ミニミニ水槽の水替え  ■番外編 / ミニミニ水槽
2017年01月24日 23:27 (TUE)


横18cm×奥行13cm×高さ13cmのミニミニ水槽なので、単純計算で3.042リットル。実用量は約2.6リットル。
180mlのコップで14.5杯分にしかなりません。

で、水替えはどうするかというと、
60センチの水槽ならば ↓ こんなのを使うんでしょうが、
(昔、180センチ水槽の時はこれを使っていました)

  

このミニミニ水槽にこんなのを使ったら、パコパコ2~3回で水が全てなくなってしまいます(苦笑)

じゃ水槽を設置してからの約2か月間どうしていたかというと、理科の実験なんかで使う大き目のスポイトで底の食べ残しのエサを吸い取るついでに、何度か同じことを繰り返し水を吸い出していました。
これです ↓



でも、これって1回に吸い取る量が少なくて効率が悪いんですよね。
で、ググったところ、こんなの ↓ がヒットしました。



100均のダイソーのものらしいです。
石油ストーブの残り灯油を吸い出すのが目的のスポイトらしいのですが、残念ながら今は無いそうです。

で、次に見付けたのがamazonの ↓ これ。



トーヨースポイトというそうですが、し、しかし、高いです。
送料を加えると1,000円近くになってしまいます。
100均の10倍ですからね。

で、更にググった結果、こういうのもありました。



ファンヒーターメーカー、ダイニチ工業の別売り付属品のスポイトです。
Web上の取説にも記載がありました。定価165円(税抜)です。

しかもビッグカメラの通販だと送料無料なんですね。びっくりです。
税込178円で家まで配達してくれるなんて、どういう仕掛けになっているんでしょうね。
ビッグカメラだって佐川急便だって利益なんて出てないどころか大赤字ですよね????

びっくりしている間もなく翌日には商品到着。
今まで使っていたスポイトと比較。



早速水替えしましたが、今までのスポイトよりも楽になりました。
ちなみに、こんなミニ水槽ですから1/3とか1/4も水を変えたら水質が激変だろうから(たぶん)、1回の水替えはコップに半分~1杯くらいにとどめています。
その代わりにゴミ吸出しを兼ねて週に5回ほど替えております。


追伸
稚エビは順調に育っております。小さすぎて何匹いるか判りませんが、10匹くらいはいるんじゃないかと思われます。
まだ2匹が抱卵しているので全部が順調に育つと大変な密度になるかと。
まあ、どうなるか判りませんが……
[前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|Pagetop

稚エビ発見!  ■番外編 / ミニミニ水槽
2017年01月22日 23:28 (SUN)


前回、レッドチェリーシュリンプを投入した直後にも同じタイトルを使いました。
「その時の記事」
その時は購入した親エビに1個~数個の卵が残ったままだったのでしょう。いつの間にか稚エビも消えてしまいました。
が、今度は正真正銘このミニミニ水槽で卵から孵った稚エビです。

  

水槽の手前の壁にくっ付いていますが、何せ小さい!
なかなかピント合わせが巧く行きません。

目を離すとすぐにどこに行ったのかわからなくなってしまいます(汗)
小さいくせに親と同じように泳ぐんですね。

数分後、石の上に発見。



画像中心のゴミのようなものが稚エビ



ついでにトリミングしたウイローモスの切れ端で昨日作って入れた小石の画像もアップしておきます。
今後どんな風に成長するかも記録してみます。



[前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|Pagetop

BACK   /   NEXT
コンテンツ
  • プロローグ :きっかけは……
  • 50にして… :たかが趣味です
  • 最新の記事一覧
    画像一覧
    全記事一覧(250)
    分類INDEX
    ■戯言・折々の雑感 (30)
    ■ゴリラ (1)
      └復活編 (5)
      └改造・メンテナンス編 (27)
      └12vEへ&メンテ編 (44)
    ■モンキー (1)
      └組立て編 (9)
      └12vEへ&改造・メンテ編 (30)
      └CD90エンジン編 (21)
      └メンテナンス編 (7)
    ■Z50Z (2)
    ■備忘録、技術系、製品レビュー・失敗等 (45)
      └メンテナンス (1)
    ■番外編 (1)
      └ソーラー発電ろ過装置 (8)
      └BMW・323i (1)
      └ミニミニ水槽 (16)
    未分類(1)
  • ブログ内検索

    AND OR
  • 最新の記事
    CD90エンジン ノーマルへ (2020/05/10 17:56)
    防水カプラーの外し方 (2020/05/03 17:58)
    エアフィルター&ステップ&オイル交換 (2019/11/09 16:15)
    激安バッテリー レビューその3 +新規購入 (2018/08/22 16:22)
    中身の無いブログ (2018/08/18 15:51)
    キャブレターの詰まり (2018/05/12 15:58)
    ブックマーク
  • usamimi.info :ホームページスペースをお借りしています。
  • Copyright:(C)2008 Web_Diary by, My Remodel CGI