モンキー・ゴリラ整備日誌

「五十にして天命を知る」
モンキー・ゴリラを弄って楽しんでいます
HOME カラー変更   ブログ風表示     RSS   管理用 238933
12vゴリラ、ボアアップ  ■ゴリラ / 12vEへ&メンテ編
2011年12月23日 17:22 (FRI)


モンキーの時は、
オイルポンプ、高速ドリブンギア付強化クラッチ、純正クロスミッションなどの腰下と、
腰上のボアアップの改造を同時に行い、その後にハイカムという順序だったので、
今度は腰上、ハイカムを先に入れ替えて、
腰下はその後という順番にしてみます。

というか、クラッチもミッションも6vエンジンから取り出さねばならず、まだ準備してないからなんです。
かといってこのままノーマルで乗る気にもならずに、一刻も早くノーマルから脱却して乗ってみたいので・・・

 ↓ 入れ替える部品です。
 12vモンキー、6vゴリラでも使っていた88シリンダー&ピストン。
 ヘッドはノーマル

  

ピストンに縦傷があります。
確かまだ数百キロしか走ってない筈です。
このキット、ピストンが2種類付属していたのは以前に書きましたが、まあ、所詮は中華です。この程度の精度なのでしょうかね。
今後この傷がどの位進行するか様子を見てみましょう。
傷もそうですが、それよりも気になったのはピストンリングです。
ピストンは2個でもリングは1個分しか付いてないので、ハイコンプから付け替える必要があったのですが、きつくて動きが鈍いんです。
通常はリングが簡単にクルクル回るのですが、リングのはまる溝が何らかの原因で狭くなったようです。
燃えカス(カーボン)が付着しているようにも見えないのですが、ドライバーの先で何度かこすったら少しは動くようになったので、これも様子見ですね。

 ↓ キタコのハイカム。
 久々の登場です。右はノーマル

  

 ↓ キャブ、マフラー、フェンダーを外して、前輪の空気を抜きます。

  

 ↓ 腰上を全てはずした段階
このエンジンはやはり処女だったようです♪
でも、ガスケットを剥がすのが厄介なんですよね~~

  

ここでちょっと不思議な事が。
スタッドボルトが手で簡単に回ります。
今までのエンジンは、スタッドボルトを外す為のダブルナットのねじ山が壊れる程に締め付けても回らなかったのに、どうした事でしょう???
でも、オイル漏れも無かったので、これはこれで良いのかもしれません。
スタッドボルトが外れたおかげでガスケットを剥がすのが楽でした♪

  

早速試運転ですが、寒いです。ぶるぶる。
ここ数日、クリスマス寒波で寒かったのですが、どうやら今日がピークのようです。
なので、試運転もちょっとだけ。

車の流れに乗って走るのには不自由しません。
が、しかし、やはり1速が使い物になりませんね。
走り出して直ぐに2速に入れなければならず、イコール「出足が遅い」ということになります。
[前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|

この記事のトラックバックURL:
http://z50j.usamimi.info/cgi-bin/diary//diary-tb.cgi/201112230
コンテンツ
  • プロローグ :きっかけは……
  • 50にして… :たかが趣味です
  • 最新の記事一覧
    画像一覧
    全記事一覧(250)
    分類INDEX
    ■戯言・折々の雑感 (30)
    ■ゴリラ (1)
      └復活編 (5)
      └改造・メンテナンス編 (27)
      └12vEへ&メンテ編 (44)
    ■モンキー (1)
      └組立て編 (9)
      └12vEへ&改造・メンテ編 (30)
      └CD90エンジン編 (21)
      └メンテナンス編 (7)
    ■Z50Z (2)
    ■備忘録、技術系、製品レビュー・失敗等 (45)
      └メンテナンス (1)
    ■番外編 (1)
      └ソーラー発電ろ過装置 (8)
      └BMW・323i (1)
      └ミニミニ水槽 (16)
    未分類(1)
  • ブログ内検索

    AND OR
  • 最新の記事
    12vゴリラ、ボアアップ (2011/12/23 17:22)
    ブックマーク
  • usamimi.info :ホームページスペースをお借りしています。
  • Copyright:(C)2008 Web_Diary by, My Remodel CGI