モンキー・ゴリラ整備日誌

「五十にして天命を知る」
モンキー・ゴリラを弄って楽しんでいます
HOME カラー変更   ブログ風表示     RSS   管理用 240068
エンジンの手術2  ■モンキー / 12vEへ&改造・メンテ編
2011年04月22日 17:36 (FRI)



Bタイプキックスターター 24Tキックギアの純正は絶版です。

で、あちこち調べたところ、キ○コや武○などの5速ミッションに付属しているものがありました。
補充パーツとして単品でも買えるようです。

それから中小のカスタムショップからも「純正クロスミッションを組む人用」ということで販売している所もあるようです。

まずは有名どころとして武○のカタログで調べてみました。
ストリート5速ミッション 
  カウンターシャフト1速 33T
  キックスターターピニオン 25T
  24Tじゃないのでパス

同じく武○6速ミッション
  カウンター1速 34T
  キックスターターピニオン 24T
  24Tですが、それと咬み合う1速が34Tで6vの35Tとは違います。
  と言うことは、同じ24Tのキックギアでも微妙に寸法が違う事になります。

で、次はキ○コのカタログを見てみました。
  手元に2009~2010のカタログがあったので5速ミッションのページを見ると、
  キックギアは24T、1速が35Tでピッタリです。
  早速購入しようと品番を調べましたが、WEBカタログと品番が違います。
  しかし、ギア数は一致するのでかなり迷ったのですが購入してみました。

届いたのがこれです。

  
 
  

6vのAタイプギアとの比較では、厚みが増して丈夫そうです。
その他の歯の形状やサイズは一緒です。

よし! これで6v1,2速+12v3,4速純正クロスミッションが組めます。
オイルポンプ、4枚ディスククラッチ、ヘッドはそのままポン付けです。


試運転予定の土曜が雨らしいので金曜日の朝、仕事に行く前にエンジンを掛けてみることに。
エンジンオイルを入れて、内部にオイルを廻す為に、キックを10回ほど。
排気量が多くなったので、キックは以前よりも重い感じです。

キャブドレンのビス締めを確認した後、ガソリンコックをONに。
キーのスイッチを入れて、チョークを半分ほど引いてから、キックを3回ほど。
あっけなくエンジンが掛かりましたが、掛かった瞬間に「パン!」と嫌な音が…
しかし、その音も1回だけで、その後は普通に廻っています。
そのまま5分程暖機運転をして、ギアを1速に。

クラッチを握って1速に入れた時の衝撃は6Vそのままです(ミッションを変えているのだから当然か 笑)
そのまま低速で4速まで入ることを確認して、今日の試運転は終了。
[前の画面に戻る]    この記事のURL| コメント (0)| トラックバック (0)|

コンテンツ
  • プロローグ :きっかけは……
  • 50にして… :たかが趣味です
  • 最新の記事一覧
    画像一覧
    全記事一覧(250)
    分類INDEX
    ■戯言・折々の雑感 (30)
    ■ゴリラ (1)
      └復活編 (5)
      └改造・メンテナンス編 (27)
      └12vEへ&メンテ編 (44)
    ■モンキー (1)
      └組立て編 (9)
      └12vEへ&改造・メンテ編 (30)
      └CD90エンジン編 (21)
      └メンテナンス編 (7)
    ■Z50Z (2)
    ■備忘録、技術系、製品レビュー・失敗等 (45)
      └メンテナンス (1)
    ■番外編 (1)
      └ソーラー発電ろ過装置 (8)
      └BMW・323i (1)
      └ミニミニ水槽 (16)
    未分類(1)
  • ブログ内検索

    AND OR
  • 最新の記事
    エンジンの手術2 (2011/04/22 17:36)
    ブックマーク
  • usamimi.info :ホームページスペースをお借りしています。
  • Copyright:(C)2008 Web_Diary by, My Remodel CGI